前へ
次へ

生前贈与では最終的に不動産登記でそれを確立

団塊の世代の人たちは子供たちを甘やかせて育ててしまったようです。
今年は団塊の世代全員が七十歳

more

不動産登記が必要な理由

不動産登記というのは、土地や建物の所有者が誰であるかをはっきりさせるための書類です。
たとえば

more

不動産登記は不動産を取得したら必ず行うか

不動産を取得する機会として住宅の購入があるかもしれません。
取得方法としては不動産会社などの業

more

本人以外が不動産登記を代行するのは問題ないか

不動産登記は、本来は自分で手続きを行う必要はあります。
現に、それは法律でも明記されています。
登記に関する法律を確認してみると、必ず本人が手続きを行う必要があると、確かに書かれています。
しかし、実際は士業の方々に依頼しているケースが多いでしょう。
司法書士などの方々に依頼するのは、確かに大きなメリットがあります。
そもそも不動産登記の手続きを自力で行うのは、かなりハードルは高いです。
不動産物件に関して、色々確認しなければならない点があります。
それを自力で調査するのは、かなり手間がかかる訳です。
しかし士業の方々に依頼すると、その手続きを代行してもらう事もできます。
現に不動産物件に関する調査も、調査士という職業の方に依頼する事は可能です。
手間がかからない事もあり、多くの方は司法書士や調査士に依頼している訳です。

ただ冒頭でも触れた通り、本来それは自分が手続きを行う必要があります。
決して第三者ではありません。
厳密には、本人もしくは相続人のみ登記の手続きを進められる権利があります。
それ以外の人物が手続きを代行するのは、本来は法律違反になる筈です。
ですが実際には司法書士の方々が代行しています。
それは、司法書士が法律に違反している訳ではありません。
きちんと法律に基づいて、行動している訳です。
そもそも司法書士に関する法律は、上記の登記とはまた別にあります。
その法律を確認すると、司法書士は代行できるとも明記されています。
ただし、報酬を受け取ることになります。
依頼人からお金を受け取ることを条件に、司法書士は手続きを代行してくれる訳です。
調査士も同様です。
ちなみに司法書士や本人や相続人でなくても、実は手続きを代行する事は可能です。
つまり友人や親戚などに依頼する事はできます。
ただそれには条件があって、報酬を受け取ってはなりません。
報酬を受け取ってしまうと、法律違反になってしまいますから、注意が必要です。
法律を受け取って登記の手続きを代行できるのは、あくまでも士業の方々に限られます。

Page Top